開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが会社同士の相場は?

知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、会社同士でないなら、10000円~30000円が相場です。

昨今、通販ショップを使ってフラワーを贈る人口も増加し、胡蝶ランの通販専門サイトのサービスもかなり進化しました。東南アジアで19世紀に発見されたコチョウランは、明治の時代に国内に持ち込まれたそうです。まるで蝶々の様な美しい花ビラを持つところから、名付けられた名称が胡蝶蘭ですが、その上品さは贈り物には最適だといえるでしょう。

フラワーを送る際、花を包むラッピングも大切です。いくつか例を挙げると、ラッピングを赤にすると豪華な印象になるし、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。人気のある花ギフトの通販店においては、殆どの場合、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。

花を送る際のメッセージカードなども、サービスに含んでいる通販店が増えてきています。ビジネスシーンの周年記念日にも、コチョウランをお祝いの花にチョイスすることが多いですが、一般的なマナーについてくらいは、知識として覚えておかないとダメでしょう。

取り合えず、赤系の胡蝶蘭は火をイメージさせてしまうので、赤系は避けないといけません。それと、必ず立札を付けるようにしないといけません。

贈り主が誰なのか、分かりやすくするのも大切なマナーになります。

フラワーギフトは素敵ですが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、より一層の喜びを与えることが出来ます。たとえば、胡蝶蘭はお祝い事でよく利用されますが、コチョウラン全種に共通するフラワー言葉(幸せを運んでくる)のほか、色ごとに個別の花言葉を有しています。

胡蝶蘭に限った話ではありませんが、相手側のシチュエーションに合った意味を持たせることで、心のこもった贈り物になることは間違いありません。

フラワーの贈り物で胡蝶蘭が人気なのには理由があります。ひとつは、蝶が舞い降りたような美しさ、そして、素敵な花言葉や日持ちの良さが挙げられます。一般的なフラワー束などは、数日でしおれてしまったりして日持ちしませんし、こういった理由からも、数か月咲き続ける胡蝶蘭は喜ばれるわけです。大切な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、胡蝶ランを選べんでおけば無難だと言えるでしょう。

携帯でネットが出来るようになった昨今では、フラワーギフトの通販サイトも、昨今ではスマホ端末で全部完結させることが可能です。

細やかなサービスも充実しているので、メッセージカードの内容やラッピングまで無料で行ってくれます。

配達についてもそうで、日本国内での素早い配送や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。花ギフト通販も随分と身近になりましたね。病院のお見舞いに、心を落ち着かせる意味で、お花を贈るのは良いのですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。

胡蝶蘭をお見舞いで持参したい時は、根を切り、花束にするなどして、株が植わった状態で贈るのは絶対に止めておきましょう。このマナーさえ分かっていれば、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。

頂いた胡蝶蘭のお手入れですが、数ある花の中でも非常に簡単なんです。

1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。

ただ、寒さには強くないので、冬場にベランダに出したり、庭に置いたりしては駄目なんです。

それから、直射日光もダメなので、置き場所は選んであげましょう。

こちょう蘭の育て方ですが、寒さが苦手なのは、知っておかなければいけません。

熱帯地域が原産地なのですが、木漏れ日の当る日陰に育ったフラワーなので、実のところ、直射日光も苦手です。人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置き場所は風通しも考慮してあげないといけません。

水やりは頻繁にする必要はなく、根元が乾いてきたと思ったらあげる感じです。

色んなシーンで胡蝶蘭を贈りますが、出店祝いや結婚式だけでなく、お悔やみのシーンでも見られます。胡蝶蘭という花は、哀しみに染まった人の心を癒すとされてて、葬儀などのシーンでも贈ることはマナー違反ではないそうです。

胡蝶蘭の歴史の始まりは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、高貴で美しい花を咲かせる様子が、様々な品種を探すきっかけになり、胡蝶蘭の原種を発見する事になったわけです。

通販のフラワーギフトを使うとき、選ぶ基準としては栽培農家から直で発送してくる、生産農家直送を採用している通信販売店が良いでしょう。どうして産地直送がオススメかというと、卸市場を経由しないので、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、流通ルートが少なくなることでコストが削減され、値段が安くなることが挙げられます。

胡蝶蘭の通販も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。

チョイスする胡蝶蘭の価格は、 相手のシーンや、先方との関係性によって変わります。恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派な胡蝶蘭が必要です。

どっちにしても、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。

続きはこちら>>>>>胡蝶蘭 値段 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です