胡蝶蘭のお手入れ方法は数ある花の中でも非常に簡単だそうです

胡蝶蘭(コチョウラン)の育て方ですが、寒さに弱いのは、知っておかなければいけないでしょう。

元々の原産地は東南アジアの暑い地域ですが、木漏れ日の当る日陰に育った花なので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。

適切な温度は20℃前後と言われていて、置き場所は風とおしも考慮してあげないといけないでしょう。環境次第ですが水やりも頻繁に行う必要が無く、胡蝶蘭の根元の表面が乾燥してきたらコップ1杯程度水やりしてちょーだい。

病院に入院している知人の見舞いとして、心を落ち着かせる意味で、綺麗な花を持参することがありますが、鉢植えの花は「根を張る」という意味合いでNGです。

コチョウランを入院してる人に贈る場合は、花束にアレンジするなどして、絶対に鉢に入った状態で届けないようにしてちょーだい。

そのポイントさえ押さえておけば、見た目も美しく、花粉も香りも少ないコチョウランは、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。

胡蝶蘭(コチョウラン)のお手入れ方法ですが、数ある花の中でも非常に簡単なんです。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。

ただ、厳しい寒さには強くないので、冬場にベランダに出したり、庭に置いたりしては駄目なんです。それから、直射日光もダメなので、置くところには気を付けてあげましょう。

開店祝いや開業祝で贈る花と言えば胡蝶ランですが、個人での相場は3万円程度といったとこでしょう。

インターネットが身近になった近年、通販の専門店を利用する人の割合も増加し、胡蝶蘭の通販専門ホームページのサービスもまあまあ進化しました。

東南アジアで19世紀に発見された胡蝶蘭は、明治時代に日本に持ち込まれたそうです。

まるで蝶々の様な美しい花ビラを持つところから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭ですが、その美しさや込められた花言葉がフラワーギフトとして喜ばれています。通販の花ギフトを利用するなら、お奨めは、栽培農家から直で発送してくる、生産農家直送を採用している通販店が良いでしょう。

産地直送をお奨めするのは何故かというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、中間マージンが無くなり、コスパが良くなることが挙げられます。

胡蝶蘭の通販も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。色んなシーンで胡蝶蘭を贈りますが、おめでたい祝いごとだけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。

コチョウラン(コチョウラン)の花言葉には「純粋な愛」という意味もあって、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、葬儀などのシーンでも贈ることはマナー違反ではないそうです。

世界に胡蝶蘭が広まる歴史のはじまりは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、より美しい新種をもとめることになり、胡蝶ランの原種発見につながる理由です。携帯端末で手軽にネットが出来る今、フラワーギフトの通販ホームページも、近頃ではスマホだけで全て注文を完結することが出来ます。

細やかなサービスも充実しているので、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれます。

配送についても言えることで、国内スピード配達や、条件を満たせば、当日配達にも対応しているおみせがたくさんあります。

フラワーギフトも便利になったものです。

フラワーギフトで胡蝶蘭が人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)なのには理由があります。

ひとつは、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、さらに、胡蝶蘭の持つ花言葉や長持ちすることも理由の一つです。

一般的な花束などは、数日から1週間程度しか持ちないでしょうし、これらのことを踏まえると、一ヶ月~二ヵ月も日持ちする胡蝶蘭が好まれているのです。大切な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、やはり、胡蝶蘭(コチョウラン)を選ぶ人が多い理由です。胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが、 分類すれば、花の大きさの違いが挙げられます。

開店祝いなどでよく見られるのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。そして、プライベートなお祝いや誕生日など、花びらの小さいミディ胡蝶蘭があります。使い分けですが、用途によって変わってきます。

選ぶ胡蝶蘭の値段は、贈る場面や、先方との関係性によって変わります。恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派なコチョウランが必要です。

どちらの場合も、コチョウランが安価なのは、生花店より通信販売なので、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。通信販売では中間流通を省いたおみせが人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)で、生産者から、直接消費者へ発送しているからなんです。胡蝶蘭(コチョウラン)を送る際は、ラッピングも大切ですねたとえば、ピンクのラッピングは可愛い印象を与え、薄紫のラッピングなら落ち着いた印象で法要やお彼岸でも使えます。

評判の良いフラワーギフトの通販店は、全て、色を選択できるラッピングサービスを無料で行っています。

胡蝶蘭を送る時の立札なども、無料で行ってくれる通販店が多くなっています。

お花のプレゼントが嫌な人はそういないでしょうが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、より一層の喜びを与えることが出来ます。たとえば、美しく高級なイメージの胡蝶蘭はよく門出などで贈られますが、胡蝶蘭(コチョウラン)共通の花言葉、純粋な愛などのほか、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別に花言葉があります。

胡蝶ランを例に出しましたが、贈られる側のシーンに合わせて花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることはミスありないでしょう。

管理人のお世話になってるサイト>>>>>胡蝶蘭の通販|産地直送のおすすめ店ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です